未分類

モテる身体になるためには「考え方」から変えると効率的!継続の種です。

どうも!だいきです♪

 

突然ですが、こんなこと思ったことありませんか?

  • 『他人の目線が気になる』
  • 『自分の存在価値』
  • 『人生楽しくない』

こんなネガティブ思考で生きている人いませんか?

実は昔の僕がそうでした。

画像

人から褒められてもお世辞と認識。

自分に自信がないから行事の主役を任されても遠慮して避ける。

とにかく注目されたくない。
目立ちたくない。

そんな根暗で内気的な性格の僕でしたが今は違います。

人から褒められなくても自分で褒めてる。

自信をもって自発的に行動できるようになった。

オーラで目立たせればいい。

画像

それどころか


"むしろこのピンチってチャンスじゃね?"
そんな窮地に陥ったときは
ドM気質なポジティブ思考になってます笑

では、そんなどうして変われたのか?

言葉はいらないでしょうが何を隠そう

筋トレのお陰

なのです。

画像

筋トレの効果として一般的に認知されているのは

筋肉そして体格だと思われます。
しかし、それだけではないのです。

実は思考力精神力(メンタル)。

これらも同様に変化します。

画像

今回は、そんな僕が変わった話も含めて
なぜ筋トレをすることで考えもメンタルも変わったのか

大きく3つの構成
お話していきたいと思います!

読むだけでポジティブになれる記事だと思うので読んで見てください。

 

 

脳筋が勝ち組入り?!

脳筋って悪口として使われてる。
そんな場面を見たことはないですか?

「脳筋」とは、
「脳みそまで筋肉」を略した言葉です。

画像

思考する脳みそまで筋肉になっている
という意味から、

  • 「単細胞バカ」
  • 「考えるよりも先に体を動かす性格や行動」

を表しています。

でも、脳筋って
褒め言葉だと思うんですよね!

深く考えてネチネチ悩んで
行動できないよりとにかく活発に動く。

そんな人の方が充実した時間を
過ごした感じになるので勝ち組なんですよね!

行動する分、失敗したりすることも
多くあります。

画像

でも、脳筋野郎に失敗はありません。

失敗ではなく「学び」と捉えて、再度行動するのです。

何度も行動するからいつのまにか
目標を達成して自己成長してるのです。

だから、脳筋って悪くないんですよ!
むしろ良いくらいです笑

画像

この記事を読んでいる人も
筋トレやりまくって脳筋になってください。

さて、これから
筋トレで変わること3部について
話していきますね。

筋トレで変わることは数多くあります。

その中で、僕が厳選した話を
3つご紹介します。

 

1.ポジティブ思考になる

画像

結論から言うと

筋トレすることでポジティブになります。

自己紹介でも説明したように
僕はネガティブ思考の陰キャでした。

それでもポジティブ思考に変わることができました。

画像

これは科学的根拠もあって
筋トレをすると

  • テストステロン
  • セロトニン
  • ドーパミン
  • アドレナリン

それらのホルモンが分泌されるからと言われています。

似たよう名前の科学的根拠はさておき
僕が変われた理由を説明します笑

画像

筋トレをしている人たちはポジティブ思考が多いです。

SNSで筋トレについて発信している人を見てください。

「ポジティブワードばかり言ってます。」

または、

挑発的な言葉をもらうことでも自分を鼓舞することができる。

以上からポジティブ思考になるんです!

 

だからこそ、

自分も他の誰かが挑戦するときは応援メッセージを与えています!

このようにポジティブワードを聞くこと使うことによって

人間の思考がポジティブ型へ好転します。

画像

つまり、自分が使う言葉
そして他人からいただく言葉がそれぞれポジティブであれば

必然的にポジティブになっていきます。

言葉の力は絶大ですよね!

筋トレを始めることで
そんな恩恵を受けることができます。

日常生活でこんなに励まされることは
おそらく少ないでしょう?

心に余裕ができることで
ポジティブ思考が高まります。

ぜひ筋トレを始めて
ポジティブになりましょう。

画像

ん?なんだって?
基本的に一人で筋トレしてるから相談相手なんていない?

大丈夫。

私がいます!

2.自信が身につく

画像

何をするにも「自信」。があれば
何をするにも可能性は無限大です

自信をつかみ取る最大の方法

それが筋トレです。

筋トレをすると自信がつきます。

なぜ自信がつくのかと言えば2つのホルモン分泌です!

筋トレをすることでテストステロン
というホルモンが分泌されるので、自信がつきます。

テストステロンとは何か?
それはやる気・挑戦精神を高めるホルモンの一種です!

このやる気が継続力に比例するので
筋トレは短期的ではなく継続して行うことに意味がある。

画像

これを改めて理解できたと思います。

続いてもう一つの
分泌されるホルモンはドーパミンです。

別名「幸福物質」とも呼ばれます。

文字通りドーパミンは
幸福感・満足感を得るホルモン物質です。

この幸せホルモンは
なにか行動を起こすときに分泌されるため

筋トレのモチベ向上および自信へとつながります。

またもう1つの理由があり
筋トレすることで成功体験を積むことができるからです!

画像

筋トレを始めたての頃は
上体起こしや腕立て伏せなどの自重トレーニングでもキツイと
感じていたものが楽勝に感じるのです。

ダンベルでもプレートでも
いつの間にか重量に慣れて
高重量を取り扱うことができるようになってきます。

つまり筋トレを通じて
自己成長していることを実感できるんですよね。

画像

今までできなかったことが
できるようになる感覚は小さな成功体験として自信がついてきます。

絶対にです!

継続することで体型も変化してきます。

体がどんどん魅力的に変化すると
自分の体に惚れてしまって鏡から離れることも難しくなりますよ。

画像

これまでの要因でも十分に自信は付きますが
もう1つあります。

他者からの目線です。

体型が変わることで、
他者からあなたに対する評価が変わってきます。

画像
  • 「スマートになった?」
  • 「ゴツくなった?」
  • 「強そう💦」

こんなことを人から言われたら最高に嬉しいですよね。

これはあなたにとって
最高の自信に繋がるでしょう。

このような流れで自分のことを好きになり、自分に自信が持てるようになってきます。

画像

実はこの経験は他の分野においても活きてきます。

筋トレをコツコツやってきたから
変わることができた。
だからいろんな挑戦をして
コツコツやれば成功できる!

このように前向きなマインドになり、
多くの挑戦をしていくようになります。

挑戦するたびに新たな成長を感じるので人生が楽しくなりますよ。

いいですか?
成功の秘訣はコツコツ
です。

3."信頼される"人間になる

画像

筋トレをすることで信頼を獲得できます。

よく考えてください。

筋肉がついてナイスボディで、
ポジティブで自分に自信がある人が信頼されないといえますか?

  • 「あいつは信用できない」
  • 「どうせ嘘だろ」
  • 「仕事なんか任せられない」
画像

そうレッテルをはる人も少なくはないでしょう。

僕も最初はそうでした。

他人から信頼されるような人間ではありませんでした。

しかしその先入観を取っ払うのが

やっぱ筋トレなんですよね。

『口で言っても信用されないを前提に行動で証明する』

そのくらいの気持ちでいきましょう!

画像

アメリカでは喫煙者とメタボは管理職にはなれない。

そんな風習があります。

その理由としては、
管理職という主力の役割を担っているのに

急に体調を崩した。
難病におかされて
数か月の入院。。。

画像

もしあなたが
経営者であった場合
こんなリスクを抱えるような人を管理職に選びたいですか?

選びたくない
の一択でしょう。

喫煙は肺疾患のリスク
メタボは生活習慣病の発症リスク

それぞれ健康を蝕む要因ですね。

筋トレはその逆で
健康的にも肉体的にも大きなメリットがあります。

画像

世界を動かすアメリカでは
筋トレしている人は信頼されるのですから

筋トレをやらない理由はもうありませんよね?

人からの信頼が足りなければ
筋トレが足りないということです。

まだまだ続けましょう。

画像

ポジティブになる、自信をつける、
信頼される
には筋トレの継続が大切です。

1・2回やったら効果が出るものでは
ありません。

継続して筋トレをやってみてください。

信頼されるまで筋トレを
やり続けるから
信頼を得ること
ができます。

まとめ

画像

ここまで「筋トレで変わること3選」を解説してきました。

いかがでしょうか。

筋トレをやることはメリットのみでしたね。

やるだけです!

【特典情報】

最後まで読んでいただきありがとうございました。

👆

僕の公式LINEで個別で質問を受け付けています。

(ポチるだけで質問へ!)

モテる筋トレや悩み相談などドシドシ質問してください。

 

今なら

「ただの筋トレとモテる筋トレ」の違い

も無料プレゼント中

読んでみると

ぶっちゃけ

 

「めちゃくちゃ”読んで良かった感”」が伝わる内容です。

 

ぜひ!

-未分類